誰かと英才教育
誰かと英才教育
ホーム > ワキガ > 私のワキガとの付き合い方

私のワキガとの付き合い方

自分自身がワキガと認識したのは中学3年生の時でした。
それまでは全く自分の匂いを気にした事はなかったのですが、同じ部活の他の子が「あの子ワキガだよね。
」と言われているのを聞いて、私も脇の匂いが気になる。
もしかしてこれがワキガなのかも。
と、思ったのが最初でした。
ちなみに、ワキガと言われている子を臭いと思ったことはありませんでした。
もしかしたら私も言われているかも。
と思うと、とても怖く、思春期ということもあり、当時はとても悩みました。
こまめにデオドラントスプレーをしたり、汗ふきシートで拭くようにしていました。
高校生になってから、市販のワキガクリームを毎朝塗るようにしたら、帰宅するまで匂いが気にならなくなりました。
その後、市販のデオドラント剤はいろいろ試しましたが、脇に直接塗るタイプの固形のデオドラント剤が、匂いと汗を両方抑えてくれるので、現在まで使用するようになりました。
今のところ、毎朝、固形デオドラントを塗って、気になれば、都度スプレー剤を使用するという方法が今の私のベストな方法です。

ワキガに悩んだ人の本音を知っておきたいなら